Windows10搭載のブラウザ名が「Edge」になりました。


ブログアイコン

Windows10搭載のブラウザ名が「Edge」になりました。
「Project Spartan」という開発名でしたが、先日、マイクロソフト社から発表がありました。

特徴は、
1.ハブですべてのものを 1 つの場所に
ハブとは、Web から集めたものを Microsoft Edge が収集する場所と考えてください。[ハブ] ハブのアイコンの画像 を選択すれば、お気に入り、リーディング リスト、閲覧の履歴、現在のダウンロードが表示されます。

2.Web ページへ手書き入力
Microsoft Edge は、Web ページ上で直接メモを取ったり、書き込んだり、落書きしたり、ハイライトしたりできる唯一のブラウザーです。秘密の材料やアレンジをレシピに書き込んで料理仲間とシェアしたり、新しいプロジェクトを同僚と共同で作業したり、お子様と楽しんだりできます。あなたのカラー パレットで Web を色鮮やかにしましょう。 まずは、表示している Web ページに [Web ノート] Web ノートのアイコンの画像 を使って手書き入力を始めましょう。

など盛りだくさんのようです。

今日もお読みいただきありがとうございます。