exam_logo_itc
ITコーディネータ試験とは、企業がIT経営を推進する際の基本的な考え方を、多様な業種・業態、規模・成熟度の企業にも適用可能で、汎用的な形でまとめた“ITコーディネータプロセスガイドライン”にもとづき出題されます。IT利活用に関して経験があり、企業経営に関しても、そこで語られる内容について理解できる社会人3~5年以上の方が対象になります。ITコーディネータになるには本試験の合格と、“ケース研修”を修了することが必要です。

詳しくはこちらへ